洋ラン

〜藩世英の洋ランの世界〜

更新情報

第98回 洋ラン集い 12月例会

第九十八回 集い例会 12月3日(日) らぶりぃにて
    
参加者(岩手花巻2名、仙台2名、山形村山1名・酒田1名、岩沼2名)
   ●持ち寄り株の観賞・・柏田さん株はマスデのヒルツィ
とエンジェルフロスト

    の交配種カワズラ、モナーク、ベイブリーズ、セミテレスどれもきれいに咲
    いていて育て方が上手になった。須藤さん株はヘキシジア、ライオニィのア
    ルバ高級品、エピデンのカプリコルム、ブラッサカトレアのカーニバルキッ
    ズ、ポログロッサムなど 珍しい株できれいに咲いていた。藩さん株はむれ
    ちどりのステノグロティス丈夫、マスデのプミラはぐるりと咲いて暑さに
    も寒さにも強い、ベキシラリウスはフラスコ出し1年目で開花した、デンド
    ロのスブリフェラムは10年でも大きくならないクールでなく夏だけ涼しく
    すると良い、ブレビペティウデューサは水が好きだが乾くのも好き、マス
    デのミスティカ、サンクティネセイ、ルディブンダなどは葉を見て植え方
    を考える、バルボはSPが多くて可愛い花なのに可愛そうだ。
   ●3月で集いの100回になるので5月総会のときに記念イベントを開催予定
    です。何かアイデアをお願いします。また、多くの方のご参加をお待ちし
    ています。
   ●いつもの休憩時間では秋山さんから仙台麩かりんとう・藩さんから山形の
    パイの差し入れがあり、美味しくいただきました。

     蔵王の風               12月例会

  •  ○“光陰矢のごとし“12月を迎えると何故か月日の経つ早さを意識し、
      何かと忙しい気持ちに駆り立てられます。クリスマスセールで賑わ
      う街に出掛けると、尚のことである。私は、特にこの12月は、出
      来るだけ高速道路は走らない、街には出ない、車は使わない、歩く、
      など、平静さを保って過すように心掛けている。

      12月の例会の季節は、外気温は下がり、本格的な冬を迎えるが、
      その分、空気は澄み渡り、雪化粧した蔵王連峰の山並みが紺碧の
      空に浮び上がって美しい。それを眺めながら、枯れ葉のカサカサと
      いう音を立てて舞い散る山道を、低速で車を走らせていると、今が
      旬の心地良さを感じられるのである。
    12月からの例会は、この恵
      まれた自然環境に包まれる中、ラン愛好家が集い、心行くまでラン
      談義に花を咲かせていると、ゆったりとした時間が過ぎて行くので
      ある。
    12月例会は、藩さんが、インスタグラムを操作している事
      から始まった。ご本人が言うには、真空管の時代から一気にデジタ
      ル社会に飛び込んだようだ、と言っていたが、もうすでに相当手馴
      れた様子であり、綺麗な写真集を拝見させて頂いた。これからの情
      報交換は、今まで以上に期待出きると思います。
    さて、今回もまた沢山の持ち寄り株の観賞と意見交換が行われた。
     
    始めに、水戸の里見さんからの写真である。参加は出来なかったが
     
    Masd、プミラの開花写真を拝見した。続いて、花巻の柏田さん株
     は
    Masd、モナ―クアリアの開花株と他のMasd株である、藩さ
     ん株はプミラの開花大株、ベキシラリウス開花大株と蕾多数の子供株、
     セブリフェラム白開花株、バルボSp、Masd株多数。C(ソフロ)
     開花株、これは(故)大阪の達家さんから戴いていた株であり、小型
     の花は今では珍しくなっているとの事。真紅の綺麗な花であった。
     
    村山の須藤さん株、Hexisea開花株、この株は大変珍しいとの
     事。高芽が多数出ていたので、そこを切り分けた。エピゲニウム-ラ
     イオニ-4株、Ep、BC、ポログロッサム等多数の開花株を観賞し
     た後、参加者が戴くことになった。

    〇休憩時間、地元秋山さんご夫妻からの仙台麩のかりんとうと、藩さん
     からの山形パイの差し入れを戴きながらの談笑となった。いずれも地
     元特産の有名菓子であったので、梅菓子等
    地場産の和菓子の話題で盛
     り上がった。               (蔵田)

    ★次回は第九十九回 集い例会 1月21日(日) 2月はお休み 
     3月4日(日)は100回目です。
     皆様のご質問とご意見をお待ちしています。
どしどしお寄せ下さい。