洋ラン

〜藩世英の洋ランの世界〜

更新情報

第八十九回 洋蘭の集い 2月例会 

■第八十九回 集い例会 2月5日(日)午後1時~ らぶりぃにて
   参加者6名(仙台2名、岩手花巻1名、山形酒田1名、岩沼2名)
  
●持ち寄り株について・・・藩株のカトレア・トリアネイオカダ
   は今年は日照時間が長かったのでめずらしくバルブが太っシー

   スがよくあがった、リンコレリア・ディグビアナは小苗なので
   春に鉢増しする、ビクトリアレギネは高芽
の中に高芽が入って
    2本が1本になって生長して太く なった、デンドロのユキダルマキングはいつも
     春に咲くのに今年は2月に咲いた、リュウコシアナムの大株は東京ドームに
     持っていくつもり、エピゲニウムのシンビディオイデスは水が好き、マスデ・ツ
     アカウキャンディは株分けして更新して元気、モナークとツアカウのかけたも
     の、トバレンシスとウエジアナ
のかけたもの、サンクテイネセイ、クサンシナ、
     シュレデレナ、イグネアとヒルティのかけたもの、ヒトミ
、これらのマスデはプ
     ラ鉢の小さい方がとても生長が良い。蔵田さん株のコーエル・ムーレアナ、
     デンド
ロキラム・グルマセウムは新根があとから出るプラ鉢が良い。清水さ
     ん株のフレッドクラケアラ・アフタ
ーダーク、エピデンドラムマスデのチャタレ
     ンシス。秋山さん株のカトレア・ルンディセルレア、エピデン
ドラム・アルバ、
     ソフロニティス・マンチケエラ、アダ・オーランティアカ。などめずらしい株が
     たくさん並

     びました。
  ●マスデバリアの植え替え実習・・・①腐った根や水苔をきれいに取って流水で洗う。②株を
    見て2つに分けるか鉢増しにするかを考えてやる。③根元に水苔を入れて株元のレベルを
    上にしてから水苔を周り
に巻く。
  ●ナメクジに新根とつぼみを食べられてしまうときは粒のオルトランが効く、1か月ぐらい有効
    です。

  ●蔵田さんより蔵王産のイチゴ、秋山さんより静岡産のイチゴの差し入れがあり美味しくいた
    だきました。どちらも甘くておいしかったです。ありがとうございました。 

 
     蔵王の風                 2月 例会
   ○2月例会の朝は、霧雨のどんよりとした朝であったが、3日前の
    大雪は消え去り早春の香りさえ感じられる朝となった。仙台の
    このような天候は、2月初旬としては大変珍しい。今年の2月
    は一時的には、凍えるような寒さや大雪に見舞われても、2日
    と続かず、積もった雪は直ぐに消えてしまうので、雪掻きは全
    くしていない。北日本や北陸地方のラン同好の方々には申し訳
    ない話しだが、暖冬が続いている
この状況は、「集い」会場に
    と続く蔵王山麓の山岳道路にも影響し、雪道ではなくアスファ
    ルト道になっていた。

  ○さて、例会は、1月に開催された「世界のらん展」の話題に始ま
   り、岩手花巻の 柏田さんが撮影された記念写真の仕訳作業が行
   われた。写真は後日皆さんの所に届けられると思いますが毎年の
   ことながら、柏田さんのご好意には感謝である。今年もまた、私
   のラン専用アルバムに納めさせて頂いた。

   ○つづいて、間近に迫っている「世界らん展」への出展と、今月下
   旬の「とうほく蘭展」の話題である。「世界らん展」について
   は、「日本大賞」受賞蘭の傾向と、藩さん出展予定の2株の話題
   である。
優秀な結果になることを期待していますが、そこは、選
   考次第とのことである。
   また、「とうほく蘭展」には、毎年出展なさっている地元の秋山
   さんが数株出展するとのこと今日の例会に持ち寄ったエピデンド
   ラム-ホワイト開花大株は見事な株である。皆さんから、「これ
   も是非出展しては」と薦められたが、開催日まで持たないのでは
   、とのこと。開催日に合わせての出展は本当に難しいですね。
   同じく今日持ち寄った地元の清水さんのFDK(フレッドクラケ
   アナ)‐アフタ-ダ-クの開花大株もまた凄い株である。これか
   らは、「とうほく蘭展」への出展を考慮に入れて育ててみてはど
   うですか、と、皆さんから薦められていた。

   ○今回の例会もまた30株を超える持ち寄り株がテーブルに並び、
   観賞と意見交換が行われた。また、根腐れの始まっていた
   Masdの植え替え実習が行われた。

  ○休憩時間、秋山さんご夫妻からの静岡産イチゴの差し入れと、
   地元蔵王町産イチゴの食べ比べとなったが、甲乙付け難く、どち
   らも美味しく頂いた。

    また、会場内に展示されている年度ごとの集合写真を眺めなが
    ら、「年々変化の激しい所は一目瞭然 、(    )ですね」
   と誰かが言われたので、大笑いとなった。
  ( 蔵田 )
  
  ■次回は第九十回 集い例会 3月5日(日) 午後1時~ らぶりぃにて