洋ラン

〜藩世英の洋ランの世界〜

更新情報

第85回 洋ランの集い 月例会

■第八十五回 洋ランの集い例会 9月4日(日)午後1時~らぶりぃにて
  参加者6名(仙台2名、岩沼2名、丸森1名、山形村山1名)

  台風の集中豪雨後と残暑の中でも皆さんに集まっていただきました。
 ●サンシャイン世界のらん展2017の日程について・・1月5日~9日開催、正月明けてすぐ
   なので搬入が4日と
早く、代表は3日には東京に出発しなければなりません。そのため、
   2日までの予約で打ち切りその後はお
客様を断らなくてはならないので大変です。
   2017年は何とかしますが、2018年はもっと早くなるので困って
います。ちなみに、夢
   メッセのとうほく蘭展2017は3月になるそうです。

 ●気候の変化と温暖化でランの株や花にも影響があり、今までの管理の仕方でなくその
   年の気候に合わせ
る管理がとても難しくなってきた。
 ●持ち寄り株・・・藩さん株のビクトリアレギネは4~5年すると新芽がでなくなり高芽ばか
   りになる。新根がで
なくなるので高芽の根を大切にして水苔を巻いて下の鉢まで根が
   届くようにしてみた。今は実験中ですが
良さそうです。クリソグロッサム、エピデンドラ
   ム、セロジネ、バルボのバービゲラム、ベキシラリウス、ジー
ナパーライト、オージーズ
   ハイロー、アガソダイモニス、ラエビフォリュウム、オンシのリンコステラ、アラオリ

   ど。須藤さん株はデンドロのジャッキストカーとトバエンセ、ドラコニスは清水さん宅へ
   嫁入り。秋山さん株
はクレイソセントロン、プレウロのサンデレアナ、カトレアのブラジリ
   エンシスとダイアナなどの観賞。

 ●新根が出てから鉢増しや株分けをしないと弱るし根がない状態で生長しなければなら
   ない。

 ●クスバートは日照が長いとよく育つ、プラ鉢だと育てやすいが大株にならない、毎年水
   苔を変えて水を多く
する。きれい好きなので腐った根やバルブをきれいに取り水洗い
   してプラ鉢に植えると回復が早い。

 ●肥料について・・株のドーピングになる。ブドウ糖とビタミンBをあげると元気になる。
   外国では遺伝子組み
換えが主流になっている。亜リン酸(ホスポン)は花つきがよく
   なるが多すぎると奇形が出る。

 ●蔵田さんから蔵王の梨、高橋さんから山形の刈屋梨をいただき、美味しくいただきま
   した。ありがとうござ
いました。

    蔵王の風        9月  例会
 〇9月例会の日は残暑が最も厳しい時期であったが、蔵王、遠刈田街道沿いの田園風
  景はもう黄金色一色である。実りの稲穂は重そうに頭を垂らし、稲刈りを待つばかりの
  風情を漂わせていた。蔵王町では丁度、特産の梨祭りが開催されており、多勢の来場
  者で賑わっていた。私はそんな賑わいに出会うとついつい立ち寄ってしまう。出店には
  特産の品種「幸水」が所狭ましと並べられ、例会の差し入れと家族へのお土産を買い
  入れて会場へ向かった。会場周辺の蔵王山麓は、高所で自然環境に恵まれ、初秋の
  風が吹き抜けて、爽やかな、心地よい雰囲気を醸し出していた。それにしましても、こ
  のような蔵王山麓の穏やかな風景とは全く異なって、今年は、台風の多さと集中豪雨
  の被害には驚きますね。東北・北海道にも大変な被害が出ています。全国の会員、
  会友、そしてランの趣味家の方々には、如何だったでしょうか。お見舞い申し上げます。

 〇さて、例会は、気候変動と温暖化に伴なっての温室の管理や、注意点などの話題か
  ら始まった。例会参加者の中に、会員の温室を始め、長年、全国の多くの温室や、サ
  ンルーム製作と、修理を手がけてきた地元丸森の大槻幸司さんがいらっしゃって、大
  変参考になる話しをお伺いすることができました。

 〇次に、来年早々に開催される予定の「サンシャインシティー、世界のらん展2017」の
   日程が、1月5日(木)~1月9日(月・祝日)に決まり、例年通り、出店と出展の準備
   を進めていくとの事であった。また、恒例の、会員・会友による現地交流会は、1月
   8日(日)に実施の予定である。宿泊予約を含め、会員・会友の皆さんの予定表に入
   れておいては如何でしょうか。

 〇つづいて、今回もまた沢山の持ち寄り株の観賞と意見交換となった。机上には多くの
  クール種の開花株が並び、見事であった。中でもDen.クスバートソニー、クリソグロッ
  サム、ベキシラリウス、を始め、ラウエシー、クリソペテラム、トバエンセ、ドラコニス、
  クレイソセントロン、  プレウロサリス、などが話題となった。
 〇休憩時間、差し入れのお菓子や果物を頂きながら、雑談に花を咲せるのが常だが、
  今回は、酒田の高橋さんからの特産梨「刈屋梨」と、地元の「幸水」を頂きながらの休
  憩となった。
                            (蔵田)

    ★次回第八十六回 洋ランの集い例会 10月2日(日)午後1時~ らぶりぃにて

 

 

第84回 洋ランの集い 7月例会

 ■第八十四回 洋ランの集い 月例会 7月10日(日)午後1時~ 
  参加者3名(仙台2名・山形酒田1名)
  少人数でしたが名簿作成のお手伝いをしていただきとても助かりました。
 ●高橋さん株のアワチドリ(3年前のもの)芽数が増えて花も大きく数も多くなっていた。
  藩さん株のビクトリアレギネは3~4年は新芽が出たが5年目から新芽が出なくなり高
  芽ばかり出る。自生地では下垂しているため新芽が上へ上へと出る。新根のところに
  水苔を
巻いて様子をみる。バルボSPはオレンジのかんざしのような花が可愛い、デン
  ドロのリチャエオイデスは10年で大株になった、マスデのキンバリアナ、リカステ、ア

  ラティカエイナムなどの観賞
 ●肥料について・・亜リン酸肥料はリン酸より粒子が細かいので花上がりがよくなるが、
  つぼみがあがったらやめること。ブドウ糖とビタミンBは苗のときによく効く。花にとって
  のドーピングは肥料とか化学薬品だと思うがフラスコ苗ばかりなので人工的に育って
  いるため仕方がないと思う。使いすぎはよくないが少しならいいと思う。

  蔵王の風                          7月例会
〇7月例会は第2週の日曜日とあって、蔵王山麓の山道はまだ初夏の情景が漂っ
  ていた。広葉樹の緑のトンネルと、薄紫の紫陽花に加え、目線を上げると若々
  しい薄紅色した合歓の木の花が彩りを添えている。こんな風景が広がりを見せ
  てくると蔵王連峰は夏山シーズンを迎える。この日は好天に恵まれたこともあっ
  て、登山者や観光客の車で賑わっていた。もともと蔵王連峰は、北蔵王と南蔵
  王の縦走登山道と宮城と山形・上の山温泉とを結ぶ山岳自動車道「エコーライ
  ン」が整備されている。「エコーライン」の山頂付近には蔵王山頂駐車場があり、
  そこから散策コースを辿ると、蔵王連峰と火口湖「お釜」の雄大な景色を俯瞰す
  ることができます。「らぶりぃ」を起点に、蔵王連峰や蔵王山麓の魅力に触れて
  みては如何でしょうか。

〇さて、例会は、会員名簿の改訂作業に始まった。この会員名簿改訂版は、「つ
  どい」発足から満8年(例会80回)を期に行った再登録に基づいて集約された
  ものである。多少会員数は減少したものの、より正確に会員把握ができて、
  「つどい」の運営と、会員相互の切磋琢磨と交流がより一層充実した「つどい」
  になるものと期待されている。作業は、すでに印刷されている名簿を一冊にま
  とめあげ、用意されていたファイルに綴じ込めるだけなので時間的には早く終
  了した。

〇次に、持ち株の観賞と意見交換である。山形酒田の高橋さんが育てていた「ア
  ワチドリ」の開花大株である。この株は昨年5月の総会・交流会の際、東京の
  佐藤さんから寄せられた株、数株を育てていたものである。花は全体的に大き
  くなって見応えのある株に育っていた。育て方は、会報30号9月秋号に詳しく
  掲載されている。続いて、藩株さんのビクトリアレギネ開花大株の3株である
  見事に開花した株だが、元気に大株になる方法と、高芽との関係を研究中と
  の事である。

〇その他、話題になった株は、珍しい花のバルボSP、Den.ディチャエオイデス、
  アラテカウリナム、Masd.キンバリアナ、ミルトニア、であった。休憩時間、
  季節のスイカを頂きながら、なごやかな例会となった
     (蔵田)

★次回は第八十五回 洋ランの集い 月例会 9月4日(日)午後1時~ らぶりぃにて

第83回 洋ランの集い 6月例会

 ■第八十三回 洋ランの集い 月例会 6月19日(日)1時~ らぶりぃにて
   
参加者2名(仙台1名・山形酒田1名)親睦会総会の後で寂しい例会でした。
  ●少人数でしたがマンツーマンで充実して楽しい会になりました。
  ●持ち寄り株について・・・蔵田さん株のカトレアのイーグルアイ・レリアカトレアの
      ドリームアイ、藩さん株のレギネ・デンドロのクリエンタム似・パーブレウム・ピラル
      ディー、マスデのアンドレッターナエリナセア、プロメニア、ホルコグロッサム、ベキ
      シラリウス、セロジネなど
  ●花が咲き終わったら株分けすると作落ちしないものがある。また、花が終わってか
      ら株分けや植え替えするものと新芽が出る前、または同時に新根が出る前にやる
      ものの2種類あるので印を付けて管理すると良い。
  ●フラスコ出しの苗で根のないものや弱っているものは水耕栽培がよい。殺菌剤も
       使うとカビ難い。

      蔵王の風                  6月 例会
  〇6月例会前日の仙台は、30℃越えの真夏日を記録し、今年一番の暑さとなった。
      仙台の夏の30℃越えは、今ではあたり前となったが、やはり暑い。だが、この暑
      さは一日だけで、例会当日は、梅雨の時期に相応しく小雨混じりの涼しさを取り
      戻していた。
蔵王の山並み全体は濃霧に包まれていたが、所々、稜線を覗かせ、
      見るからに山水画の様相である。私は、このような大自然に出会うと、ついつい
     林道に車を停め、暫し静寂を味わうのである。
蔵王・遠刈田花街道は、青葉一色
     覆われ、すっかり夏の趣である。この一色の中で、ひときわ目立っていたのはマ
     タタビの白い葉と、たわわに咲いているクリの花である。真に、この時期に相応し
   い自己主張である。

  〇さて、6月例会は、山麓の霧が晴れたこともあり、ペンション「らぶりぃ」周辺の
    「山野草観察会」から始まった。「らぶりぃ」は、南蔵王の丁度中腹に位置して
   おり、道端にちょっと目を凝らして見ると、多くの山野草が自生しているのがわか
   る。今の時期は、蛍ぶくろ(ちょうちんばな)や山ツツジの開花時期を迎えており、
   山山椒の香りと共に、山百合の花が咲き乱れるのももう直ぐである。
  
○つづいて、会員名簿改訂版発行の説明と、5月の総会・親睦会で撮られた多く
   のスナップ写真や記念写真を頂戴した。写真撮影とプリントまでしていただいた
   方は花巻の柏田さんである。毎回のことだが、記念になる写真ばかりであり、
   早速アルバムに納めさせて頂いた。

  ○引き続き、持ち寄り株の観賞と意見交換である。少人数の例会参加者だった
   ので、持ち寄り株は少なかったが、その分、一つ々の株に時間をかけて頂いて
   大いに参考になった。私の持ち寄り株のLc開花2株はバルブと花に勢いが無い。
   原因は株分け時期の間違いで、根の観察が大切となった。
次に藩さん株である。
   大小いずれも珍しい株である。話題になったのはDen.ビクトリアレギネ、クリエ
   ンタム、パーブレウム、ピラレディー、 ベキシラリウス、Masd.アンドレッターナ、
   エリナセア、ホルコグロッサム、セロジネの板付け、などである。また、ナメクジ
    の対処法や、アツモリソウの栽培法も話題となった。     
( 蔵田 )

 ★次回は第八十四回 洋ランの集い 月例会 7月10日(日)午後1時~ らぶりぃにて

第八十二回 洋ランの集い 親睦会・総会・株市

第八十二回 親睦会・総会・株市 5月28日(土)29日(日) らぶりぃにて
  参加者(泊り15名日帰り6名)21名、岩手・山形・宮城・茨城・東京・神奈川

       ・兵庫・名古屋・広島よりたくさんの方が参加しました。
  ●28日土曜日は18時より親睦会、お酒やお菓子や食品の差し入れがあり
    2次会3次会と午前2時までランの話や人生のいろいろな話で盛り上がりました。
  ●29日は代表の藩さんと全蘭会長の斉藤さんによるレクチャーがありラン栽培は
   よく観察すること、いろいろな栽培方法を試してみて上手くいったら続けてやっ
   て経過をみて努力すること、などとても勉強になりました。
  ●株市ではたくさんの寄付株をいただいて大盛況でした。斉藤さんの株は人気が
    あり展示株も大株ですばらしいものでした。佐藤さんからのチドリも可憐で箱で
    買う方もいました。和田さん、須藤さん、秋山さん、高橋さん坂井さんからもた
    くさんの寄付株をいただきました。寄付株をいただいた方には割引で奥田園芸
    さんの株の販売もありました。
  ●柏田さんの協力で撮っていただいた写真を掲載いたしましたのでご覧ください。

   蔵王の風        2016年度 総会・親睦会

  ○「らぶりぃ 洋ランの集い 親睦・交流会」は、年一回の恒例行事として定着してい
   る行事である。今年も5月28日・29日の2日間、自然豊かな蔵王山麓にある
   「美食と温泉宿 らぶりぃ」を会場に、多くの会員、同好の皆さんの参加を頂いて、
   同好会に相応しく、賑やかに、和やかな雰囲気に包まれていた。開催2.3日前
   までの仙台地方は、小雨混じりのはっきりしない天候が続いていたが、当日は
   快晴である。周りの新緑は初夏の光を反射して、独特の眩しさを放っていた。
   烏帽子岳に通じる山岳道路は、森林浴を楽しむ観光客の車の往来で賑わって
   いた。そう言えば、この行事は本当に天候に恵まれている。「参加者の中に晴れ
   男・晴れ女が居ること間違い無し。」との話題が飛び交うほど、良晴れる。

 ○さて、今年もまた地元や東北各地からの参加と、遠くは広島、兵庫,名古屋を始
   め、関東圏から多勢の方々の参加を頂いた。中でも大変ご多忙にもかかわらず、
   全蘭の斎藤会長と、中島副会長お二人の参加を頂き、大変盛り上がった親睦・
   交流会となった。初日は、主に賑やかな交流会である。和・洋・中の美味しい料
   理と全国の銘酒、洋酒・焼酎を頂きながらの蘭談義となりますので当然午前様
   となりました。
 ○二日目は、藩さん、斎藤会長お二人の講義と持ち寄り株の観賞と交換会である。
   藩さんからは、大阪の故達家さん流ソフロニティス・コクシネアに代表される小
   型種の栽培法をはじめ、カトレアの植え替え時期の見分け方、空気根栽培と
   水根栽培、軽部さん持ち寄りのバンダ栽培の要点、ウイルス対策と処理方法な
   ど、栽培基本のレクチュアと、斎藤会長からは、日頃のウイルス対策、ランの栽
   培環境の大切さ、ランの伸びる根の処置方法や寒さ対策としてのホットカーペッ
   トの活用、開花中の害虫対策と身近にある殺虫剤の活用など、興味深い栽培
   上のアドバイスを頂いた。結論は、良く観察して育てることと、うまくいったら、そ
   の育て方の確認をすること、の大切さを指摘された。
 ○午後の部は持ち寄り株の観賞と100株を超えるランの株市である。観賞株で
   圧倒されたのは斎藤会長の大株2鉢である。展示会場でしかお目にかかれない
   開花大株を、身近に観賞できる喜びを味わう事が出来ました。 また、たくさんの
   持ち寄り株は、新しい里親に引き取られていきました。新天地で元気に育つと
   いいですね。                    ( 蔵田 )

  ★親睦会写真
2016sinboku22016sinboku116sinboku2 16sinboku116sinboku7
16sinboku416sinboku316sinboku6

  
 ★総会・勉強会写真
16rekucha116rekucha416rekucha1016rekucha2 
16rekucha516rekucha316sinjin2 16rekucha8
16rekucha916rekucha112016benkyou716rekucha12
2016benkyou32016benkyou42016benkyou22016benkyou1

 ★株の展示・株市写真
16kabuiti116kabutenji116kabutenji22016tenji42016tenji32016kabuiti82016kabuiti7
2016kabuiti12016kabuiti122016kabuiti162016kabuiti142016kabuiti152016kabuiti62016kabuiti52016kabuiti112016kabuiti102016kabuiti9
2016kabuiti42016kabuiti32016kabuiti2
 
★集合写真
2016sankasha1
  
   ■
次回は第83回 洋ランの集い 月例会 6月19日(日)1時~ らぶりぃにて

第81回 洋ランの集い 4月例会

 ■第八十一回 集い例会 4月17日(日) 1時~ らぶりぃにて
   参加者4名(仙台1名・盛岡2名・酒田1名)少ない人数で寂しい例会でした。
  ●
会員の入退会について・会員の種類分けについて・詳しくは総会のときに報告します。
  ●清水さんの温室完成を見学してクーラー室やネット張りなどアドバイスしました。
  ●ベキシラリウスのフラスコ苗ができましたが出来はあまり良くないので困っています。
  
持ち寄り株の観賞と株分けや鉢増しのやり方の勉強
   藩さん株デリカチュラム、デンドロのアマビレ・クスバート、マスデのキンバリアナ・
   モナーク・アンドレッターナ、バルボ、シルトキラム、高橋さん株デンドロのツアナン
   ヒイ、アラティカリナム・ゴールドシュミティアナム、蔵田さん株デンドロのトーティレ、
   カトレアのメンディ・リリポンズなど
  ●簡単な鉢増し植え替えのやり方の実習
  ●総会と株市について・・・寄付株や持ち寄り株には事前に値札をつけること 
      蔵王の風              4月 例会
 ○4月例会の日の蔵王・遠刈田街道は、黄色や薄ピンクの水仙・柴桜・連翹こぶしと
  いった、春の訪れを代表する花々が一斉に咲き始め、春の山里に相応しい風情を呈し
  ていた。一方、今年の蔵王は春の訪れが早まったこともあって、梨畑は白花が、「こけ
  し館」前の桜(ソメイヨシノ)では丁度満開を迎え、まさに、春爛漫の季節である。「こけ
  し」と言えば、地元「遠刈田こけし」は、「作並こけし」・「鳴子こけし」と並び、「県内
  三大こけし」の一角を占めており、全国にその名が知られている。最近は、創作こけし
  も普及しているが、昔ながらの素朴さが魅力である。
   一度、立ち寄ってみては如何でしょうか。

 ○さて、今回の例会は、年度始めとあって、年度末に会員へお知らせしていたところの
   「集い」改革案について、状況報告がなされた。集約は現在進行中のこともあって
   全体把握は5月の総会・親睦会頃と思われるが、いずれこれからも会員の皆さんの
   ご理解とご協力で「集い」を盛り上げていくことに違いは無いので、今後もよろしく
   お願いしたい、と、なった。

 ○続いての話題は、地元会員の清水さんの温室が完成したことである。藩さんのアド
  バイスもあって大変立派な温室のようである。相当広い温室だが、「その内、そこに
  寝泊りするようになる。」とか、「ぎゅうぎゅう詰めになるのは時間の問題。」などと、
  無責任な噂が飛び交った。

 ○引き続き恒例の持ち寄り株の観賞と意見交換である。はじめに、藩さんのベキシラ
   リウスのフラスコ苗である。中身を覗くと、生長状態はバラバラで、数株以外は良く
   ないのが分る。最近のフラスコ苗の出来は余り良くないとのこと。若い研究者や育
   苗者に期待する所が大きいとのことである。その他、話題になったのは、Den.パ
   ーブレウム。これには虫が受粉したと思われ、種子が着いていた。また、Den.ツ
   アナンヒー、アラテカウリナム、ブロンカルティー、クスバートソニー、開花中のトー
   ティレを観賞した。Masdは、キンバリアナや大変珍しいアンドレタ-ナ、バルボ
   SP、シルトキラム、など、多くのランを観賞したが、ランの属名とラテン語表記な
   どの話題が勉強になった。
    最後に、5月の総会・親睦会は多勢の参加のもと楽しく交流しましょうとなった。
                                  (蔵田)

  ■次回、第八十回 親睦会・総会・株市 5月28日(土)29日(日) らぶりぃにて
     是非、皆様の参加をお待ちしています。5月15日までに出欠をお願いします。

ナビゲーション