洋ラン

〜藩世英の洋ランの世界〜

更新情報

第87回 洋ランの集い 11月例会

■第八十七回 洋ランの集い例会 11月13日(日)午後1時~ らぶりぃにて 
  参加者6名(岩手花巻2名、仙台2名、山形村山1名、酒田1名)
  ●サンシャイン出店について・・・1月3日から行くので宿の仕事は2日までにする

       のがきつい、2018年は1月2日になるのでもっときついので出店をやめるか他の
       らん展にするか考え中です。また、お手伝いしてほし
いのは準備と片付けで一番
    大変なのは夕食会の会計と接待なので有志の蔵田さんと柏田さんにお願い
する
    ことになりました。他の方もご協力お願いします。
  ●持ち寄り株について・・蔵田さん株のトリアネイは新根と新芽が一緒に出るので管
    理が楽で生長が早い・
アンセプス・ラビアタ・アスコセンダは上に伸びるので途中
    に水苔を巻いたら新根が出てきて元気です。
須藤さん株のC.ドマーニアナは花弁
    が茶色でリップがピンクと赤できれい・ビクトリアレギネ3種類は高芽
が出るので
    水苔を巻く、アメリカの株は老化が早い。藩株のカトレアのつぼみが開かないとき
    はバケツの
水につけるときれいに開く、アラオリ・セルヌア・ブレビ・デンドロのリケ
    ナストラム・ドレッセレレレア・ビオ
ラセウム・オドックス、マスデのルディブンダ・ア
    ンドレッターナ、ドラキュバリアのブルーボーイ、オドント
ニア、リュウコシアナムは
    雨にあてたらよく育った、リカステは葉脈に沿ってウイルスが出る、春に早く
新芽
    を出してよく陽に当ててバルブを太らせると生長がよくなり強くなる。

  ●須藤さんよりラフランスの差し入れがありみんなで美味しくいただきました。
    ありがとうございました。

 
   蔵王の風            11月例会

 ○仙台の11月の天候は、急激に冷え込んだり、小春日和のポカポカ陽気になったり、
   これを繰り返しながら冬将軍到来の季節を迎えるのである。だが、近年、この振幅
   が極端に大きくなりつつあって、「観測史上初めての・・・」とか、「近年にない・・・」
   という天気予報を聞かれるようになって、よく言われるところの異常気象の前触れか
   な、と、ちょっぴり不安になったりしている。例会当日もまた珍しく無風、快晴で、小
   春日和というより初秋の暑さを思わせるような陽気となった。酒田の高橋さんが言う
   には、日本海側では、このように恵まれた天候はめったに無く、 鳥海山があまりに
   も綺麗だったので、スマホで撮ってきました、とのこと。見せて頂いたが、空気が澄
   んでいるこの時期の山容は本当に美しい。感心しました。

○11月の蔵王山麓は紅葉の季節である。紅葉、楓、楢、ブナなどの広葉樹は丁度落葉
   の時期である。葉が音を立ててウインド‐に降りかかる様は季節感があってとてもい
   い。また、蔵王連峰の稜線は、コバルトブル‐の空に浮び上がると同時に、頂上付
   近の冠雪と見事に調和して美しい。ウインタ―スポーツの幕開けは、もう直ぐやって
   くる。

○さて、例会は1月早々の「サンシャインシティー、世界のらん展2017」の話題から始
   まった。まず、時期が時期だけにホテルの予約は早めに取ったほうが良いとのこと。
   また、恒例の、1月8日〔日〕の「夕食交流会」は、現地で開催されるが、参加会費
   の受付は、藩さんのご多忙を少しでも軽減しましょう、となって、柏田さんと蔵田が
   現場で担当する事になりました。開催期間中のお手伝いと共に、会員のご協力を
   お願いします。

○次に、今回もまた沢山の持ち寄り株がテーブルに並んだ。主なものは、藩さんと須藤
   さんのビクトリヤレギネの大株6株である。丁度、咲き頃を迎えており見応えがある。
   話題としては高芽
処理の方法など、である。その他、C.トリアネィ、コクシネア、
   ドマーニアナ、L.アラオリー、珍しいクールDen.多数、Masd.多数、リカステ
   などであった。

○毎回の事だが、休憩時間もまた世間話に花を咲かせ、大変賑やかになる。今回は、
   須藤さんから山形産ラフランスの差し入れを頂きながらの懇談となった。
   ラフランスは栽培や、出荷までの細かい作業があって初めて美味しいラフランス
   になるとのこと興味あるお話をお聞きした。           (蔵田)

   ★次回第八十八回 集い例会 12月4日(日)午後1時~ らぶりぃにて

  

第八十六回 洋ランの集い例会 

 ■第八十六回 洋ランの集い例会 10月2日(日)午後1時~ らぶりぃにて
    参加者7名(岩手花巻2名・仙台2名・岩沼2名・茨城水戸1名)
  ●会報の綴じ込み作業を皆様に手伝っていただき助かりました。
  ●サンシャイン世界のらん展の日程が正月明け早々になり出店の準備を年末からや

       らないと間に合わないので困っています。辛い選択ですが2017年1月3日から宿を
       お休みにして東京へ行くことにしました。
  ●持ち寄り株について・・・秋山さん株チシス、マキシラリアのシュンキアナ、ロックレ
       リアのケッキアナ、胡蝶ランの原種、小さくて可愛い珍しい花ばかりでした。蔵田さ
      ん株ミルトニア2種、レストレピアのトリセグロッサムなど。柏田さん株リュウコシアナ
      ムは入院、マスデのトライアンギュラス、エリナセア、ビーチアナ交配種、スカホセパ
     ルなど。藩さん株オドントニア、エピデンドラム、ポーパックス、レギネ、ディチャエオイ
     デス、カトレアがめずらしく開花した、オージーズハイローとジーナパーライトは育てや
   すい、シグマスタリックスのラジカンス、マスデのレッドウイング、クローバーなど。
  ●里見さん株クスバートソニーの植え替え実習・・根やバルブや水苔の腐っているも
   のはすべてきれいに取り、水洗いする、シャワーで洗いながすのも良い。根がない
   ものは古いバルブを芯にしてぐらつかないように固定して水苔を巻かずに張りつけ
   ていく。根が出るまでプラ鉢で管理して根が出て元気になったら素焼鉢に植え替え
    ると良い。
  ●酒田の高橋さんから刈屋梨、里見さんから水戸の梅を差し入れで美味しくいただき
    ました。ありがとうございました。

  蔵王の風                 10月例会
 ○「天高く馬肥ゆる秋」。10月例会の日は、正にこれに相応しく真っ青な空に
  恵まれ、澄み切った青空の中から蔵王連峰の稜線が、絵に描かれたように浮び上
  がっていた。
蔵王・遠刈田街道は、登山客や観光客の車でごった返していた。私は
  特に急ぐ用事は無いので、流れに任せてのんびり車を走らせていると、金木犀独特
  の心地よい甘い香りが車内に入ってきて、改めて秋本番の到来を実感した。街道筋
  の「道の駅」の店頭には、大根・白菜などの初冬の農産物が並んでいたが、今の時
  期は端境期である。漬物用には未だ早いので、特産のイチジクを購入した。

 ○さて、10月例会は、会報35号の綴じ込みで始まった。すでに会報は印刷・折り込
  みは終わっており、14枚を綴じ込むだけの作業である。この作業は単純なだけに、
  作業中の雑談で盛り上がるのが常である。主な話題は健康問題、超一流プロ野球
  選手の話題、若手会員の動向や、大学進学合格の吉報など様々である。作業が
  一段落したところで例会である。はじめに、来年、新年早々の全蘭「サンシャイン
  シティー世界のらん展2017」への出店と、対応の話題である。今回は、開催期間
  が早まり1月5日(木)~1月9日(月:祝日)である。正月早々の開催であり、今か
  ら日程に入れておいては如何でしょうか。また、恒例「夕食交流会」は1月8日(日)
  18時~現地で開催されます。早めの予約を。尚、詳細は会報35号を参考にして
  下さい。

 ○つづいて持ち寄り株の観賞と意見交換である。今回もまた沢山の株が机上に並ん
   だ。主なランは、Den.クスバートソニー多数、ビクトリアレギネ、デチャエオイ
   デス、リュ‐コシアナム、オージースハイロー、
Masd、トライアンギュラス、ビー
   チアナ、エリナセア、その他、小さく可愛いい花の胡蝶蘭原種、L、ミルトニア、
   マキシラリアの珍種など、多数観賞した。 また、水戸の里見さん持ち寄りのク
   スバートソニー株は傷み出していることから、早速植え替え実習となった。

 ○例会休憩中もまた話題に事欠かない。ランの育種から、雑談まで様々な話しになる。
  今回は、水戸特産の和菓子「水戸の梅」を里見さんから、酒田特産の「刈屋梨」を
  高橋さんから頂いて美味しく頂きながらの歓談となった。(現代の若者の思考と行
  動形態について。)のご意見は大変参考になりました。          (
蔵田)

★次回第八十七回 洋ランの集い例会 11月13日(日)午後1時~ らぶりぃにて

 
 

 

第85回 洋ランの集い 月例会

■第八十五回 洋ランの集い例会 9月4日(日)午後1時~らぶりぃにて
  参加者6名(仙台2名、岩沼2名、丸森1名、山形村山1名)

  台風の集中豪雨後と残暑の中でも皆さんに集まっていただきました。
 ●サンシャイン世界のらん展2017の日程について・・1月5日~9日開催、正月明けてすぐ
   なので搬入が4日と
早く、代表は3日には東京に出発しなければなりません。そのため、
   2日までの予約で打ち切りその後はお
客様を断らなくてはならないので大変です。
   2017年は何とかしますが、2018年はもっと早くなるので困って
います。ちなみに、夢
   メッセのとうほく蘭展2017は3月になるそうです。

 ●気候の変化と温暖化でランの株や花にも影響があり、今までの管理の仕方でなくその
   年の気候に合わせ
る管理がとても難しくなってきた。
 ●持ち寄り株・・・藩さん株のビクトリアレギネは4~5年すると新芽がでなくなり高芽ばか
   りになる。新根がで
なくなるので高芽の根を大切にして水苔を巻いて下の鉢まで根が
   届くようにしてみた。今は実験中ですが
良さそうです。クリソグロッサム、エピデンドラ
   ム、セロジネ、バルボのバービゲラム、ベキシラリウス、ジー
ナパーライト、オージーズ
   ハイロー、アガソダイモニス、ラエビフォリュウム、オンシのリンコステラ、アラオリ

   ど。須藤さん株はデンドロのジャッキストカーとトバエンセ、ドラコニスは清水さん宅へ
   嫁入り。秋山さん株
はクレイソセントロン、プレウロのサンデレアナ、カトレアのブラジリ
   エンシスとダイアナなどの観賞。

 ●新根が出てから鉢増しや株分けをしないと弱るし根がない状態で生長しなければなら
   ない。

 ●クスバートは日照が長いとよく育つ、プラ鉢だと育てやすいが大株にならない、毎年水
   苔を変えて水を多く
する。きれい好きなので腐った根やバルブをきれいに取り水洗い
   してプラ鉢に植えると回復が早い。

 ●肥料について・・株のドーピングになる。ブドウ糖とビタミンBをあげると元気になる。
   外国では遺伝子組み
換えが主流になっている。亜リン酸(ホスポン)は花つきがよく
   なるが多すぎると奇形が出る。

 ●蔵田さんから蔵王の梨、高橋さんから山形の刈屋梨をいただき、美味しくいただきま
   した。ありがとうござ
いました。

    蔵王の風        9月  例会
 〇9月例会の日は残暑が最も厳しい時期であったが、蔵王、遠刈田街道沿いの田園風
  景はもう黄金色一色である。実りの稲穂は重そうに頭を垂らし、稲刈りを待つばかりの
  風情を漂わせていた。蔵王町では丁度、特産の梨祭りが開催されており、多勢の来場
  者で賑わっていた。私はそんな賑わいに出会うとついつい立ち寄ってしまう。出店には
  特産の品種「幸水」が所狭ましと並べられ、例会の差し入れと家族へのお土産を買い
  入れて会場へ向かった。会場周辺の蔵王山麓は、高所で自然環境に恵まれ、初秋の
  風が吹き抜けて、爽やかな、心地よい雰囲気を醸し出していた。それにしましても、こ
  のような蔵王山麓の穏やかな風景とは全く異なって、今年は、台風の多さと集中豪雨
  の被害には驚きますね。東北・北海道にも大変な被害が出ています。全国の会員、
  会友、そしてランの趣味家の方々には、如何だったでしょうか。お見舞い申し上げます。

 〇さて、例会は、気候変動と温暖化に伴なっての温室の管理や、注意点などの話題か
  ら始まった。例会参加者の中に、会員の温室を始め、長年、全国の多くの温室や、サ
  ンルーム製作と、修理を手がけてきた地元丸森の大槻幸司さんがいらっしゃって、大
  変参考になる話しをお伺いすることができました。

 〇次に、来年早々に開催される予定の「サンシャインシティー、世界のらん展2017」の
   日程が、1月5日(木)~1月9日(月・祝日)に決まり、例年通り、出店と出展の準備
   を進めていくとの事であった。また、恒例の、会員・会友による現地交流会は、1月
   8日(日)に実施の予定である。宿泊予約を含め、会員・会友の皆さんの予定表に入
   れておいては如何でしょうか。

 〇つづいて、今回もまた沢山の持ち寄り株の観賞と意見交換となった。机上には多くの
  クール種の開花株が並び、見事であった。中でもDen.クスバートソニー、クリソグロッ
  サム、ベキシラリウス、を始め、ラウエシー、クリソペテラム、トバエンセ、ドラコニス、
  クレイソセントロン、  プレウロサリス、などが話題となった。
 〇休憩時間、差し入れのお菓子や果物を頂きながら、雑談に花を咲せるのが常だが、
  今回は、酒田の高橋さんからの特産梨「刈屋梨」と、地元の「幸水」を頂きながらの休
  憩となった。
                            (蔵田)

    ★次回第八十六回 洋ランの集い例会 10月2日(日)午後1時~ らぶりぃにて

 

 

第84回 洋ランの集い 7月例会

 ■第八十四回 洋ランの集い 月例会 7月10日(日)午後1時~ 
  参加者3名(仙台2名・山形酒田1名)
  少人数でしたが名簿作成のお手伝いをしていただきとても助かりました。
 ●高橋さん株のアワチドリ(3年前のもの)芽数が増えて花も大きく数も多くなっていた。
  藩さん株のビクトリアレギネは3~4年は新芽が出たが5年目から新芽が出なくなり高
  芽ばかり出る。自生地では下垂しているため新芽が上へ上へと出る。新根のところに
  水苔を
巻いて様子をみる。バルボSPはオレンジのかんざしのような花が可愛い、デン
  ドロのリチャエオイデスは10年で大株になった、マスデのキンバリアナ、リカステ、ア

  ラティカエイナムなどの観賞
 ●肥料について・・亜リン酸肥料はリン酸より粒子が細かいので花上がりがよくなるが、
  つぼみがあがったらやめること。ブドウ糖とビタミンBは苗のときによく効く。花にとって
  のドーピングは肥料とか化学薬品だと思うがフラスコ苗ばかりなので人工的に育って
  いるため仕方がないと思う。使いすぎはよくないが少しならいいと思う。

  蔵王の風                          7月例会
〇7月例会は第2週の日曜日とあって、蔵王山麓の山道はまだ初夏の情景が漂っ
  ていた。広葉樹の緑のトンネルと、薄紫の紫陽花に加え、目線を上げると若々
  しい薄紅色した合歓の木の花が彩りを添えている。こんな風景が広がりを見せ
  てくると蔵王連峰は夏山シーズンを迎える。この日は好天に恵まれたこともあっ
  て、登山者や観光客の車で賑わっていた。もともと蔵王連峰は、北蔵王と南蔵
  王の縦走登山道と宮城と山形・上の山温泉とを結ぶ山岳自動車道「エコーライ
  ン」が整備されている。「エコーライン」の山頂付近には蔵王山頂駐車場があり、
  そこから散策コースを辿ると、蔵王連峰と火口湖「お釜」の雄大な景色を俯瞰す
  ることができます。「らぶりぃ」を起点に、蔵王連峰や蔵王山麓の魅力に触れて
  みては如何でしょうか。

〇さて、例会は、会員名簿の改訂作業に始まった。この会員名簿改訂版は、「つ
  どい」発足から満8年(例会80回)を期に行った再登録に基づいて集約された
  ものである。多少会員数は減少したものの、より正確に会員把握ができて、
  「つどい」の運営と、会員相互の切磋琢磨と交流がより一層充実した「つどい」
  になるものと期待されている。作業は、すでに印刷されている名簿を一冊にま
  とめあげ、用意されていたファイルに綴じ込めるだけなので時間的には早く終
  了した。

〇次に、持ち株の観賞と意見交換である。山形酒田の高橋さんが育てていた「ア
  ワチドリ」の開花大株である。この株は昨年5月の総会・交流会の際、東京の
  佐藤さんから寄せられた株、数株を育てていたものである。花は全体的に大き
  くなって見応えのある株に育っていた。育て方は、会報30号9月秋号に詳しく
  掲載されている。続いて、藩株さんのビクトリアレギネ開花大株の3株である
  見事に開花した株だが、元気に大株になる方法と、高芽との関係を研究中と
  の事である。

〇その他、話題になった株は、珍しい花のバルボSP、Den.ディチャエオイデス、
  アラテカウリナム、Masd.キンバリアナ、ミルトニア、であった。休憩時間、
  季節のスイカを頂きながら、なごやかな例会となった
     (蔵田)

★次回は第八十五回 洋ランの集い 月例会 9月4日(日)午後1時~ らぶりぃにて

第83回 洋ランの集い 6月例会

 ■第八十三回 洋ランの集い 月例会 6月19日(日)1時~ らぶりぃにて
   
参加者2名(仙台1名・山形酒田1名)親睦会総会の後で寂しい例会でした。
  ●少人数でしたがマンツーマンで充実して楽しい会になりました。
  ●持ち寄り株について・・・蔵田さん株のカトレアのイーグルアイ・レリアカトレアの
      ドリームアイ、藩さん株のレギネ・デンドロのクリエンタム似・パーブレウム・ピラル
      ディー、マスデのアンドレッターナエリナセア、プロメニア、ホルコグロッサム、ベキ
      シラリウス、セロジネなど
  ●花が咲き終わったら株分けすると作落ちしないものがある。また、花が終わってか
      ら株分けや植え替えするものと新芽が出る前、または同時に新根が出る前にやる
      ものの2種類あるので印を付けて管理すると良い。
  ●フラスコ出しの苗で根のないものや弱っているものは水耕栽培がよい。殺菌剤も
       使うとカビ難い。

      蔵王の風                  6月 例会
  〇6月例会前日の仙台は、30℃越えの真夏日を記録し、今年一番の暑さとなった。
      仙台の夏の30℃越えは、今ではあたり前となったが、やはり暑い。だが、この暑
      さは一日だけで、例会当日は、梅雨の時期に相応しく小雨混じりの涼しさを取り
      戻していた。
蔵王の山並み全体は濃霧に包まれていたが、所々、稜線を覗かせ、
      見るからに山水画の様相である。私は、このような大自然に出会うと、ついつい
     林道に車を停め、暫し静寂を味わうのである。
蔵王・遠刈田花街道は、青葉一色
     覆われ、すっかり夏の趣である。この一色の中で、ひときわ目立っていたのはマ
     タタビの白い葉と、たわわに咲いているクリの花である。真に、この時期に相応し
   い自己主張である。

  〇さて、6月例会は、山麓の霧が晴れたこともあり、ペンション「らぶりぃ」周辺の
    「山野草観察会」から始まった。「らぶりぃ」は、南蔵王の丁度中腹に位置して
   おり、道端にちょっと目を凝らして見ると、多くの山野草が自生しているのがわか
   る。今の時期は、蛍ぶくろ(ちょうちんばな)や山ツツジの開花時期を迎えており、
   山山椒の香りと共に、山百合の花が咲き乱れるのももう直ぐである。
  
○つづいて、会員名簿改訂版発行の説明と、5月の総会・親睦会で撮られた多く
   のスナップ写真や記念写真を頂戴した。写真撮影とプリントまでしていただいた
   方は花巻の柏田さんである。毎回のことだが、記念になる写真ばかりであり、
   早速アルバムに納めさせて頂いた。

  ○引き続き、持ち寄り株の観賞と意見交換である。少人数の例会参加者だった
   ので、持ち寄り株は少なかったが、その分、一つ々の株に時間をかけて頂いて
   大いに参考になった。私の持ち寄り株のLc開花2株はバルブと花に勢いが無い。
   原因は株分け時期の間違いで、根の観察が大切となった。
次に藩さん株である。
   大小いずれも珍しい株である。話題になったのはDen.ビクトリアレギネ、クリエ
   ンタム、パーブレウム、ピラレディー、 ベキシラリウス、Masd.アンドレッターナ、
   エリナセア、ホルコグロッサム、セロジネの板付け、などである。また、ナメクジ
    の対処法や、アツモリソウの栽培法も話題となった。     
( 蔵田 )

 ★次回は第八十四回 洋ランの集い 月例会 7月10日(日)午後1時~ らぶりぃにて

ナビゲーション