洋ラン

〜藩世英の洋ランの世界〜

更新情報

第八十九回 洋蘭の集い 2月例会 

■第八十九回 集い例会 2月5日(日)午後1時~ らぶりぃにて
   参加者6名(仙台2名、岩手花巻1名、山形酒田1名、岩沼2名)
  
●持ち寄り株について・・・藩株のカトレア・トリアネイオカダ
   は今年は日照時間が長かったのでめずらしくバルブが太っシー

   スがよくあがった、リンコレリア・ディグビアナは小苗なので
   春に鉢増しする、ビクトリアレギネは高芽
の中に高芽が入って
    2本が1本になって生長して太く なった、デンドロのユキダルマキングはいつも
     春に咲くのに今年は2月に咲いた、リュウコシアナムの大株は東京ドームに
     持っていくつもり、エピゲニウムのシンビディオイデスは水が好き、マスデ・ツ
     アカウキャンディは株分けして更新して元気、モナークとツアカウのかけたも
     の、トバレンシスとウエジアナ
のかけたもの、サンクテイネセイ、クサンシナ、
     シュレデレナ、イグネアとヒルティのかけたもの、ヒトミ
、これらのマスデはプ
     ラ鉢の小さい方がとても生長が良い。蔵田さん株のコーエル・ムーレアナ、
     デンド
ロキラム・グルマセウムは新根があとから出るプラ鉢が良い。清水さ
     ん株のフレッドクラケアラ・アフタ
ーダーク、エピデンドラムマスデのチャタレ
     ンシス。秋山さん株のカトレア・ルンディセルレア、エピデン
ドラム・アルバ、
     ソフロニティス・マンチケエラ、アダ・オーランティアカ。などめずらしい株が
     たくさん並

     びました。
  ●マスデバリアの植え替え実習・・・①腐った根や水苔をきれいに取って流水で洗う。②株を
    見て2つに分けるか鉢増しにするかを考えてやる。③根元に水苔を入れて株元のレベルを
    上にしてから水苔を周り
に巻く。
  ●ナメクジに新根とつぼみを食べられてしまうときは粒のオルトランが効く、1か月ぐらい有効
    です。

  ●蔵田さんより蔵王産のイチゴ、秋山さんより静岡産のイチゴの差し入れがあり美味しくいた
    だきました。どちらも甘くておいしかったです。ありがとうございました。 

 
     蔵王の風                 2月 例会
   ○2月例会の朝は、霧雨のどんよりとした朝であったが、3日前の
    大雪は消え去り早春の香りさえ感じられる朝となった。仙台の
    このような天候は、2月初旬としては大変珍しい。今年の2月
    は一時的には、凍えるような寒さや大雪に見舞われても、2日
    と続かず、積もった雪は直ぐに消えてしまうので、雪掻きは全
    くしていない。北日本や北陸地方のラン同好の方々には申し訳
    ない話しだが、暖冬が続いている
この状況は、「集い」会場に
    と続く蔵王山麓の山岳道路にも影響し、雪道ではなくアスファ
    ルト道になっていた。

  ○さて、例会は、1月に開催された「世界のらん展」の話題に始ま
   り、岩手花巻の 柏田さんが撮影された記念写真の仕訳作業が行
   われた。写真は後日皆さんの所に届けられると思いますが毎年の
   ことながら、柏田さんのご好意には感謝である。今年もまた、私
   のラン専用アルバムに納めさせて頂いた。

   ○つづいて、間近に迫っている「世界らん展」への出展と、今月下
   旬の「とうほく蘭展」の話題である。「世界らん展」について
   は、「日本大賞」受賞蘭の傾向と、藩さん出展予定の2株の話題
   である。
優秀な結果になることを期待していますが、そこは、選
   考次第とのことである。
   また、「とうほく蘭展」には、毎年出展なさっている地元の秋山
   さんが数株出展するとのこと今日の例会に持ち寄ったエピデンド
   ラム-ホワイト開花大株は見事な株である。皆さんから、「これ
   も是非出展しては」と薦められたが、開催日まで持たないのでは
   、とのこと。開催日に合わせての出展は本当に難しいですね。
   同じく今日持ち寄った地元の清水さんのFDK(フレッドクラケ
   アナ)‐アフタ-ダ-クの開花大株もまた凄い株である。これか
   らは、「とうほく蘭展」への出展を考慮に入れて育ててみてはど
   うですか、と、皆さんから薦められていた。

   ○今回の例会もまた30株を超える持ち寄り株がテーブルに並び、
   観賞と意見交換が行われた。また、根腐れの始まっていた
   Masdの植え替え実習が行われた。

  ○休憩時間、秋山さんご夫妻からの静岡産イチゴの差し入れと、
   地元蔵王町産イチゴの食べ比べとなったが、甲乙付け難く、どち
   らも美味しく頂いた。

    また、会場内に展示されている年度ごとの集合写真を眺めなが
    ら、「年々変化の激しい所は一目瞭然 、(    )ですね」
   と誰かが言われたので、大笑いとなった。
  ( 蔵田 )
  
  ■次回は第九十回 集い例会 3月5日(日) 午後1時~ らぶりぃにて

2017世界のらん展サンシャインシティの御礼

 2017世界のらん展サンシャインシティの御礼
    お忙しい中、ブースにいらしてくださり、美味しいお菓子の差し

    入れや株の購入やお祝い金をいただきありがとうございました。
    洋ランの育成や広がりにこれからも主人と共に協力し努力し
    ていきたいと思っています。皆様にお会いできてとてもうれし
    かったです。来年は宿の営業を優先するので「世界のらん展
    池袋サンシャインシティ」への出店は休止にする予定です。
    また、いつか日程がつきましたらご案内いたします。その時は
    是非いらして下さい。本当にどうもありがとうございました。 
                    
御礼まで  藩 世英 かおる
  蔵王の風
     サンシャインシティ世界のらん展
      ○会員・会友の皆さん、新年明けましておめでとうございます。
    毎年の事ながら、
ラン愛好者の年初めの行事は、1月5日
    から開催された「世界のらん展 」が
名実共にスタートとなり、
    全国のらん愛好者の方々が、丹精込めて育てた
見事なランが
    会場に集約された様子は、まさに「ランの花園」と呼ぶのに

    応しい。

  ○さて、我が同好会「らぶりぃ洋ランの集い」の1月例会は、
   主宰者の藩さんを
中心にして、この「らん展」に出店するとともに、
   遠隔地のため、日頃の例会
には出席出来かねている会員・会友
   の方々とが一堂に会し、観賞と交流を
深め合うのに相応しい新年
   の例会となっている。当日会場では多勢の会員・
会友の皆さんと、
   新年のご挨拶を兼ね、観賞とラン談義に花を咲かせ、今年
の抱負
   や意見を交わすなど、有意義な交流の場となっていた。

  ○開催日程終盤は会場を移し、夕食・交流会開催を恒例行事とし
   ており、今年
は8日の開催となった。当日は、函館の久保さん、
   兵庫の松村さんを始め、
関西圏や関東・東北から多勢の参加で
   賑わっていたが、中でも大変嬉し
かったのは、斎藤全蘭会長さん、
   中島同副会長さんを始め、正月を返上して
会場準備・運営に当って
   いた茨城の和田夫妻・大塚さんのご参加をいただ
いた事である。
   当然ながら話しは盛り上がり、あっという間に、午前様にな
ろうとし
   ていた。打ち上げ後、2次会と称して池袋の街に繰り出した方々が
   
いらっしゃいました。池袋の夜のご報告は後の例会で。
  ○「らん展」は、日頃はめったにお目に掛かれない展示品もまた
    魅力である。
今年は、ランにまつわるお宝展の「マスデバリアの
    絵画展」である。マスデ
は絵も素適である。その他、シンビジュウ
    ムの誘い。全蘭俳壇など多くの
展示品は観賞する人を魅了して
    いた。(欲を言えば、俳号も)

  ○今年の「らん展」は一目見て、昨年より会場の広さや出展株数と
   いい、
ブ―スの数といい、大規模となり、内容も一段と充実してい
   るようにお見
受けした。会場準備から運営そして後片付けまで携
   わっていただいた
全蘭役員の方々を始め、皆様に紙面を借りて
   感謝と御礼を申し上げます。
            
(蔵田)

 

 

世界のらん展2017池袋サンシャインシティ

全日本蘭協会主催 
 世界のらん展2017
 「温室がなくても蘭」
 池袋サンシャインシティ 文化会館2階
 2017年1月5日(木)~1月9日(月祝)の5日間
  出店出展して株の販売をします。
  ブースは「らぶりぃ洋ランの集い」です。

  是非、お立ち寄り下さい。会期中常駐しています。    
      会場内の連絡先携帯電話番号 →
090-9037-2446
 詳しいことは下記のパンフレットをクリックしてください。

    

第88回 洋ランの集い 12月例会

■第八十八回 洋ランの集い例会 12月4日(日)午後1時~ らぶりぃにて 
  参加者12名(岩手花巻2名、仙台2名、岩沼2名、山形村山1名、酒田1名、
       寒河江2名、山形の見学者2名)
  久しぶりに2ケタの人数の集まりになりにぎやかな例会になりました。お客様に
     山形の寒河江さんをお迎えしていろいろ勉強になりました。
  ●はじめに12月の会報とアツモリソウ栽培の本の綴じ込みを皆様にお手伝いして
    いただき時短できました。とても助かりました。
  ●持ち寄り株について・・・高橋さん株のソフロニティスのセルヌアとオーレアと
   ブレビキュアーターなど乾かす濡らすの差を大きくするとよく育つ。寒河江さんが
   たくさんお持ちなので育て方をお聞きして勉強になりました。須藤さん株はデンドロ
   のペンタトラム、セラトスティリス、レストレピアのエレガンスの株分け 。
藩株カトレ
   アのトリアネイ、エーシーバレッジ、バルボのデイアナムと交配種、マスデのリラシ
   ナとルディブンダ、デンドロのスブリフェラム(クールではないので暖かいところがよ
   く夏だけ涼しくすると良く育つ)ビオラセウム(新芽が出ているときは水を多くする)
   カトレアの植え替えなど。軽部さんと清水さんの新しい温室の経過報告でどちらも
   快適で栽培も順調の様子でした。
  ●休憩のとき軽部さんからの差し入れでラフランスと柿をおいしくいただきました。

   蔵王の風                12月例会

 ○12月例会もまた快晴の小春日和の天候に恵まれた。「~もまた」と言うのは、
  12月例会の日は、前日までの真冬並みの寒波と強風に打って変って、ポカ
  ポカ陽気となって、11月 例会と同じく、続けて一カ月前の平均気温となった。
  まるで、季節が逆行したかのような天候となったが、北海道の猛吹雪のニュ-
  スや、全国各地の初冠雪のたよりが届くようになって、東北に冬将軍が到来
  するのはもう直ぐである。
 ○陽気に攣られて少し早出し、街道筋の「道の駅」に立ち寄ったが、正月用の漬
  物野菜や海産物を買い求める人・人・人でごった返していた。何となく忙しいが、
  年末の雰囲気である。私は、地ネギ、ごぼう、ゆず、仏壇用品等を買い求めた。
  ○例会会場の「らぶりぃ」周辺の蔵王山麓は、落葉広葉樹林の合い間々に赤松

   やヒノキ・松といった針葉樹だけが辛うじて林の体裁を守っていて、もうすっか
   り真冬の粧いである。
 ○さて、例会は14名で賑やかに開かれた。参加者の中には、山形市の寒河江さ
  んご夫妻の参加を頂いて、大変参考になるお話しを頂いた。はじめに、もうすで
  に皆さんの所に届いていると思われるが、会報No36号と「アツモリソウ」の栽
  培テキストの綴じ込み作業である。 36号はページ数も多く、力作である。綴じ
  込み作業は人海戦術で短時間のうちに済むが、 原稿起しから必要枚数のコピ
  ー作業までが大変である。藩さんご夫妻のご苦労に感謝・々です

  ○次に、恒例の持ち寄り株の観賞と意見交換である。今回も沢山のランが並んだ。
   酒田の高橋さんと藩さんの、C.ソフロニティス開花株、C.トリアネ―、村山
   の須藤さんのDen.ペンタプテラム・セントチルス開花株、スブリセラム、ビオ
   ラセウムの珍種開花株、バンノフィジイ、スバコ―レ、バルボ、Masd、など、
   皆さんお持ちになった大変珍しいランを 観賞した。また、咲かないDenデリカ
   チュアムの大株やアツモリソウ、エアープランツの栽培方法の意見交換や、
   須藤さん持ち寄りのレストレピア・エレガンス大株の株分け実習を 行った。

 ○今回の例会には、ご夫妻で参加された方が4組いらっしゃって大変賑やかな例
  会となった。それに、軽部さんご夫妻からの山形名産ラフランスと山形柿の
  差し入れを皆さんで頂きながらの懇談となった。             ( 蔵田 )

  ★2017年1月5日~9日世界のらん展サンシャインシティ開催、出店と出品します。
   次回第八十九回 集い例会 2月5日(日)午後1時~ らぶりぃにて

 
 

第87回 洋ランの集い 11月例会

■第八十七回 洋ランの集い例会 11月13日(日)午後1時~ らぶりぃにて 
  参加者6名(岩手花巻2名、仙台2名、山形村山1名、酒田1名)
  ●サンシャイン出店について・・・1月3日から行くので宿の仕事は2日までにする

       のがきつい、2018年は1月2日になるのでもっときついので出店をやめるか他の
       らん展にするか考え中です。また、お手伝いしてほし
いのは準備と片付けで一番
    大変なのは夕食会の会計と接待なので有志の蔵田さんと柏田さんにお願い
する
    ことになりました。他の方もご協力お願いします。
  ●持ち寄り株について・・蔵田さん株のトリアネイは新根と新芽が一緒に出るので管
    理が楽で生長が早い・
アンセプス・ラビアタ・アスコセンダは上に伸びるので途中
    に水苔を巻いたら新根が出てきて元気です。
須藤さん株のC.ドマーニアナは花弁
    が茶色でリップがピンクと赤できれい・ビクトリアレギネ3種類は高芽
が出るので
    水苔を巻く、アメリカの株は老化が早い。藩株のカトレアのつぼみが開かないとき
    はバケツの
水につけるときれいに開く、アラオリ・セルヌア・ブレビ・デンドロのリケ
    ナストラム・ドレッセレレレア・ビオ
ラセウム・オドックス、マスデのルディブンダ・ア
    ンドレッターナ、ドラキュバリアのブルーボーイ、オドント
ニア、リュウコシアナムは
    雨にあてたらよく育った、リカステは葉脈に沿ってウイルスが出る、春に早く
新芽
    を出してよく陽に当ててバルブを太らせると生長がよくなり強くなる。

  ●須藤さんよりラフランスの差し入れがありみんなで美味しくいただきました。
    ありがとうございました。

 
   蔵王の風            11月例会

 ○仙台の11月の天候は、急激に冷え込んだり、小春日和のポカポカ陽気になったり、
   これを繰り返しながら冬将軍到来の季節を迎えるのである。だが、近年、この振幅
   が極端に大きくなりつつあって、「観測史上初めての・・・」とか、「近年にない・・・」
   という天気予報を聞かれるようになって、よく言われるところの異常気象の前触れか
   な、と、ちょっぴり不安になったりしている。例会当日もまた珍しく無風、快晴で、小
   春日和というより初秋の暑さを思わせるような陽気となった。酒田の高橋さんが言う
   には、日本海側では、このように恵まれた天候はめったに無く、 鳥海山があまりに
   も綺麗だったので、スマホで撮ってきました、とのこと。見せて頂いたが、空気が澄
   んでいるこの時期の山容は本当に美しい。感心しました。

○11月の蔵王山麓は紅葉の季節である。紅葉、楓、楢、ブナなどの広葉樹は丁度落葉
   の時期である。葉が音を立ててウインド‐に降りかかる様は季節感があってとてもい
   い。また、蔵王連峰の稜線は、コバルトブル‐の空に浮び上がると同時に、頂上付
   近の冠雪と見事に調和して美しい。ウインタ―スポーツの幕開けは、もう直ぐやって
   くる。

○さて、例会は1月早々の「サンシャインシティー、世界のらん展2017」の話題から始
   まった。まず、時期が時期だけにホテルの予約は早めに取ったほうが良いとのこと。
   また、恒例の、1月8日〔日〕の「夕食交流会」は、現地で開催されるが、参加会費
   の受付は、藩さんのご多忙を少しでも軽減しましょう、となって、柏田さんと蔵田が
   現場で担当する事になりました。開催期間中のお手伝いと共に、会員のご協力を
   お願いします。

○次に、今回もまた沢山の持ち寄り株がテーブルに並んだ。主なものは、藩さんと須藤
   さんのビクトリヤレギネの大株6株である。丁度、咲き頃を迎えており見応えがある。
   話題としては高芽
処理の方法など、である。その他、C.トリアネィ、コクシネア、
   ドマーニアナ、L.アラオリー、珍しいクールDen.多数、Masd.多数、リカステ
   などであった。

○毎回の事だが、休憩時間もまた世間話に花を咲かせ、大変賑やかになる。今回は、
   須藤さんから山形産ラフランスの差し入れを頂きながらの懇談となった。
   ラフランスは栽培や、出荷までの細かい作業があって初めて美味しいラフランス
   になるとのこと興味あるお話をお聞きした。           (蔵田)

   ★次回第八十八回 集い例会 12月4日(日)午後1時~ らぶりぃにて

  

ナビゲーション