サンシャインシティ世界のらん展 2015

サンシャインシティ世界のらん展 2015に出店して

新春年明け早々のサンシャインシティでの世界のらん展が無事終了しました。訪れて下さった多くの会員会友の方々と宿らぶりぃのお客様方そして友人知人親戚ファンの人々と共に心温まる出展を楽しむことができたことを心より御礼申し上げます。全日本蘭協会主催の世界のらん展は商業的なイベントのらん展とは趣を別にしたランの花を間近に優雅に観賞する真の洋ラン展示会と言えます。愛好家でない一般の方々にそれぞれのランの個性を知って感じていただくには今後更なる工夫がなされても良いのでしょう。

今回初出展でしたが、多くの方からは好評でした。また、恒例の夕食会には北海道から広島まで多くの会員会友とファンの方も参加下さり深夜の二次会まで楽しく有意義な時を過ごせました。若い高校生、大学生はすぐに打ち解け合って語り合っていしたし、私が日本大賞を受賞した折に全日本蘭協会へお誘いして下さった現副会長の中島文子様も夕食会にご参加下さり、光栄にも当集いへご入会いただけました。日本の洋ラン界がひとつになって将来の洋ラン界を担う若い方々にも魅力を感じてもらえる日が来ると良いですね。

心身共に負担の少ない出店でしたが、帰ってから荷物とランの整理を済ませた後は気が緩んでしまい何日も病床に伏してしまい、御礼の言葉が遅れて申し訳ありませんでした。熱心に写真を撮影して下さった柏田氏の写真と蔵田氏の名文を添えて御礼と報告とさせていただきます

藩 世英

蔵王の風 世界のらん展2015

新年 明けましておめでとうございます。1月11日、世界のらん展、観賞と夕食交流会への参加当日、仙台の朝は、前日までの小雪混じりの強風とは うって変わり、雲ひとつ無い、空気の澄み渡った朝を迎えたが、かなり冷え込んだ朝となった。自宅近くから眺めた蔵王連峰は、純白の山容が、紺碧の空に浮び上がり、今冬一番の美しい姿を見せてくれた。とは言っても、このような天候は、仙台や、太平洋側だけのこと。連日報道されている、北海道や日本海側の豪雪にはただ驚くばかり、今年は記録的な豪雪とのこと、会員.会友のみなさんの地域はいかがでしょうか。お見舞い申し上げます。

  • さて、我が「らぶりぃ洋ランの集い」は、昨年までの「世界らん展」東京ドームから、1月8日から開催されている。「サンシャインシティ世界のらん展2015」へブース換えをして、観賞と、会員・会友相互の交流を図ることになった。その訳は、会報No27に記されているが、藩さん自身の、長期の滞在期間からくるところの、健康上の理由も、変更の1つではないか、と推察されます。
  • 初心者の私にとっては初めての参加であったが、まず、1000鉢を越えるランの開花株に圧倒されたが、隅から隅まで、じっくり手に取るように観賞できる配置の工夫や、全国の愛好会・同好会単位の陳列も親近感があって、気楽に観賞できた。入賞株を陳列する雛壇もまた派手さはないが、身近に観賞できるのがとてもいい。改めてランのすばらしさを再認識して、自分の栽培目標も見えてきた。それと、パネル展示も大変勉強になる。絵画作品もすばらしいが、ランの歴史をパネル化していて分り易かったまさに、蘭・温故知新である。
  • 11日の夕食交流会は、恒例行事である。当日、北は北海道の小椋さん、久保さんを始め、高校生の、広島の楽君、茨城の棟方君、長野の北澤さんと、農大生長澤さんの若々しい会員を含め、総勢25名の参加である。また嬉しかったのは、全蘭中島副会長さんのご参加をいただいて、お話しをお伺いしたことである。和やかに、賑やかな夕食交流会となりました。
  • 11日と12日の東京の二日間は、快晴で澄み切った天候に恵まれ、ホテルの窓越しに雪を頂いた富士山がはっきり見えた。帰りの新幹線の車窓からも見えて、今年は何か良い事が起こる予感が。

蔵田

写真

★シェアする★